『照り葉』Teriha

『照り葉』Teriha

ウクレレモデルとして実は以前から造られていた「照り葉」です。

今までは個人の特別受注のみで製作していましたが、製作したウクレレからの反響が多くあり、正式ラインナップとなりました。

シェイプはロアーバウツがふっくらと丸く、ウエストからアッパーバウツにわたってドレッドノートのようなやや滑らかな曲線を描きます。

この形状からはたっぷりと低音の幅を広げて、和音が気持ち良くまとまります。。

サイズは現在「コンサート」と「ラージソプラノ」の2種類です。

「ラージソプラノ」はソプラノとコンサートの中間に位置する大きさで、ソプラノとコンサートの特徴を併せ持った音色です。

「コンサート」は406mmのロングスケールで、豊かな音量と伸びのある煌びやかな音色が特徴です。

どちらも14フレットジョイントとなっており演奏性を考慮しています。

サウンドホールにはウクレレではなかなか使われない「カリン バール材」をあしらい、この特別な木材から出る上品な高級感がシンプルなウクレレに花を添えます。

※下記は標準仕様となります。

Top(表板) ホンジュラスマホガニー
Side&Back(側・裏板) ホンジュラスマホガニー
Neck(棹) アフリカンマホガニー
Fingerboard(指板) インディアンローズウッド
Bridge(ブリッジ) インディアンローズウッド
Head Plate(ヘッドプレート) マッカサーエボニー
Rosette(ロゼット) カリン バール
Binding(バインディング) セル or ローズウッド
Finish(塗装) ニトロセルロースラッカー
Body Length(ボディ長) 270mm
Body Width(ボディ幅) 214mm
Scale Length(弦長) 406mm
Nut Width(ナット幅) 37mm
Peg(ペグ) Gotoh UK12
価格 130,000円(税別)~

※オーダーの際はハワイアンコア や スプルース&ローズウッド などの木材変更が気軽にでき、お求めの音色に対応いたします

PAGE TOP